2019年12月18日

掛け軸〜練習〜

今年最後のカリキュラムは

「掛け軸づくり」

新春の慶びを水墨画で表現し

お正月に飾る為の

ミニ掛け軸を制作しましたぴかぴか(新しい)

まずは、半紙に筆や割り箸ペンを使って

墨汁で線や絵を描く練習グッド(上向き矢印)

DSC_0009.JPG

DSC_0010.JPG

下書きをせず、集中して一気に描きます!

DSC_0044.JPG

DSC_0008.JPG

のびのびと力強く。

しかし、丁寧に繊細に。

DSC_0006.JPG

DSC_0007.JPG

DSC_0004.JPG

DSC_0003.JPG

墨汁に水を加えて薄墨を作ったり

墨の表現を学びながら練習しました。
posted by minato at 19:00| Comment(0) | 絵画

2019年12月06日

窓辺を描こう

IMG_0247.jpg

「窓辺」をテーマに描いた画家たちについて学びながら

自分だったらどんな絵にしようかと考え、

アイデアを練り、描きました。

DSC_0042.JPG

DSC_0011.JPG

DSC_0021.JPG

窓を開けたらどんな景色が広がっていたら楽しいと思う?

と、はなしながら進めていきます。

DSC_0022.JPG

「三角の窓にする!」と、窓のかたちデザインしたり。

DSC_0034.JPG

DSC_0035.JPG

DSC_0043.JPG

DSC_0054.JPG

小学生は、空間をデザインするということにも

興味をもって描けるようにすすめていきました。

DSC_0031.JPG
高層ビルの広がる窓辺。(小学3年生)

DSC_0024.JPG
窓の外には海。(5歳・年中)

森美術館で開催されていた

現代アーティスト・塩田千春さんの個展「魂がふるえる

にも、窓を使った作品が展示されていました。

「窓」は、アーティストにとって

魅力的なモチーフのひとつのように思います。

それは「内」と「外」を繋ぐという意味で、

心の内側と外側を表現する為の象徴となるからではないでしょうか。
posted by minato at 19:00| Comment(0) | 絵画

2019年12月04日

紅葉を描く/小学生

小学生は、水彩絵の具のにじみを活かしながら

筆のタッチで紅葉した木々の葉を表現し

奥行きを感じられるような風景画に取り組みました。

DSC_0246.JPG

DSC_0247.JPG

くっきりとした線と色で表現された絵は

力強く、こどもらしさのあるものとなりますが

一方で、塗り絵のようにみえてしまうこともあります。

DSC_0248.JPG

DSC_0250.JPG

なので、本来存在しない「輪郭線」を描かず

色の調子でかたちを表現していくことで

本物らしくなり

クオリティがぐっとあがる場合があります。

どちらが良い、悪いということではなく

技術としてのバリエーションを習得するということが

何かを表現しょうと思った時に

選択肢を広げることに繋がるのではないかな、と思うのです。

DSC_0261.JPG
上からみた吊り橋と紅葉。

DSC_0254.JPG
山道と紅葉した木々。

DSC_0256.JPG
川にうつりこんだ紅葉の表現を工夫しました。

DSC_0257.JPG
銀杏並木を描きました。

それぞれにこだわりをもって取り組めたように思います。
posted by minato at 19:00| Comment(0) | 絵画