2021年09月11日

立体朝顔


ハニカムペーパーを使って、立体朝顔を作りましたひらめき

2Q==.jpeg

ハニカムペーパーとは、何層にも貼り合わさった薄紙で広げるとハニカム(蜂の巣)のようになります。
立体クラフトでよく使われる素材です。

2Q== 5.jpeg

ハニカムペーパーを朝顔の花の形に切り取り、半分だけ染めます。
乾かしてから広げて見ると朝顔の花が出来上がりかわいい
簡単に朝顔ができます!

次に台紙につるや葉を描きます。
朝顔の葉の形ってどんなだっけ?
花ってどうついてたっけ?
つるは、どのように伸びてたっけ?

2Q== 2.jpeg

よ〜く思い出してグリーン1色だけでなく、イエローやビリジャンなど色んな色を使って描きあげますわーい(嬉しい顔)

Z.jpeg

最後にパーツを組み立てて完成exclamation

Z 2.jpeg

2Q== 3.jpeg

東京2020オリンピック・パラリンピックでは、大会期間中、競技場入口にたくさんの朝顔でアスリートや大会関係者をお出迎えし、世界中から感動の声が届いたそうです。
朝顔で、世界みんなが一つになれるって素敵ですexclamationexclamationexclamation



posted by minato at 16:47| Comment(0) | クラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: