2019年02月27日

日本画・模写

少しづつあたたかくなって春の気配ですが
まだまだ気温差の激しい毎日ですね。
季節の変わり目、体調を崩しやすい時なので
皆様気をつけてお過ごしくださいぴかぴか(新しい)

今月、小学生のこどもたちは日本画の模写に
挑戦しましたアート

模写をしたのは、2点。
まずは、よく観て目描く
「風神雷神図」

D5DC28AA-17E2-4CC7-BF24-FF1CAE9577B4.jpeg

20FAF957-4A66-4C77-84A1-BDE62C310C65.jpeg

60E6434E-16D7-4CC7-8DD4-56AEF04DB5F0.jpeg

B342E714-A9F2-4D09-91E5-BA9F325A3A94.jpeg

次に、コピーした図版をトレース(転写)ペン
する技法で描く、伊藤若冲の「旭日雄鶏図」です。

F3721924-6920-4454-99BC-93B8DF30CB03.jpeg

CE414E0A-3AA9-49ED-AB23-D5CE81C59C50.jpeg

E6EBEE54-07C2-400E-86BC-5896A2AF1B43.jpeg

7C2E31CB-7B4A-468E-89FC-A08667062132.jpeg

お迎えにいらっしゃった保護者の皆さんがビックリするくらい、
完成度の高い作品に仕上がりましたグッド(上向き矢印)

江戸時代に活躍した伊藤若冲は、
家業の青物問屋を弟に譲ってまでも
作画の道を選び、さまざまな生き物の
命の美しさ、みずみずしさを表そうとした
作家であるといわれています。
現代でもとても人気があり、私もとても大好きです!

4/7まで上野の東京都美術館で開催されている
「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」では
伊藤若冲の作品も展示されているようなので、
お時間あればお子様と是非足を運んで
本物を観て、その迫力を体感してみて
くださいね揺れるハート
posted by minato at 19:05| Comment(0) | 日記