2020年07月17日

水彩画のテクニック

水彩絵の具は水があれば着彩できるので、とても身近な絵の具の1つですよね。

しかし、その水彩絵の具...なかなかの曲者ですふらふら

色々なテクニックや絵の具が乾くまでの忍耐強さなどありますが、慣れると使いやすく、表現のはばも広がります。

さて、さっそくどんなテクニックがあるか見ていきましょう。
DSC_0168.jpg
こちらはドリッピング!
子ども達が好きな技法の1つです。
顔に飛ぶので要注意です(笑)

DSC_01701.jpg
細い線の練習を無心にしています!


DSC_0177.jpg

DSC_0191.jpg

水の量の調整で同じ色の絵の具でも色が変わる事や水をあまり付けないで描く方法。
細い線を描く練習や、ぼかしやにじみ。
絵の具をストローで吹いてみたり...

色々な技法を知る事で、新しい表現方法を知るヒントになります。
想像力と技術を身に付ければ、絵がどんどん思うように描けるようになるので、更に楽しくなってくることでしょう。

水彩画で大切な事の1つに、色を薄くするときは、白を混ぜるのではなく水で薄める、という事があります。
ついつい、忘れてしまいがちなので、口をすっぱくして子ども達に言います。

さて、習った技法を使って夏の絵を描いてみました。

DSC_0204.jpg

DSC_0170.jpg
水の中を泳ぐ金魚が涼し気です
水の表現も「ぼかし」を使って透明感がよく表現されています。

DSC_0220.jpg

DSC_0227.jpg
ゴッホのヒマワリのように力強くて大胆ですね!
こちらはクレヨンを使う「バチック」という技法で描かれています。

DSC_0230.jpg
水風船かな〜?カラフルで同じものが1つもない!
吹き流しやスタンピングなど工夫がたくさん見られます。
縁日の風景やお囃子などが聴こえてきそうですね!

DSC_0241.jpg
蛍と天の川かな?
天の川をドリッピングで表現していますね。美しいです。

同じ画材を使っても、使う人の技法や感性によって唯一無二の作品が出来上がるのを見るのはとても楽しいですわーい(嬉しい顔)

これからも水彩絵の具は沢山使う機会があると思うので、習った技法を色々試していきましょう!

お家時間が増えていますので、水彩絵の具で絵日記などを描いてみてはいかがでしょうか。
子ども達の成長が見れるかもしれませんね!ぴかぴか(新しい)
posted by minato at 19:04| Comment(0) | 日記

2020年06月05日

湊アートテラスレッスンの再開のおしらせ

6月より湊アートテラスのレッスンが再開致しました。
またみなさまよろしくお願い致しますexclamation

再開にあたっては、感染予防対策を徹底しながら、
講師はマスク着用し、清掃と除菌をこまめに行います。


そしてクラスへ出席の際のお約束ごとですが、

マスクを着用のうえご参加をお願いいたします。

また入室時にはひとりおひとり検温をさせていただきます。万が一、熱が37.5度以上ある場合には、受講ができませんので、
予めご了承くださいますようお願い致します。

また、ご自分のハンカチまたはタオルをご持参いただきまして
入室の際には必ず石けんでの手洗いをお願いしております。

教室には個別包装されたアルコールパッドのご用意がございます。
手指の除菌を行ってください。

また室内では、ドアや窓を開け十分に換気を行いながら
レッスンをしますので、温度調整できる服装がおすすめです。

夏は暑い時期になるので水分補給のため
お飲み物をご持参ください。


密にならないようにするため
受講いただける人数制限されてがあり、振替レッスンも設定がありますので
個別にご相談ください。




コロナウィルスが終息するまで、ご協力のほどよろしくお願い致しますふらふら

さて、6月の課題ですが、お休みが長かったので少しずつ慣らしながら、
前回の課題が終わっていない生徒さんは、タイミングを図りながら続きをします。

終わった生徒さんたちはもうすぐ梅雨入りなので、折り紙で傘をつくりましょう。

こんな傘だったら楽しいな〜♬と考えながら作ってみましょうグッド(上向き矢印)

それでは、どうぞよろしくお願い致します。


posted by minato at 14:47| 日記

2019年02月27日

日本画・模写

少しづつあたたかくなって春の気配ですが
まだまだ気温差の激しい毎日ですね。
季節の変わり目、体調を崩しやすい時なので
皆様気をつけてお過ごしくださいぴかぴか(新しい)

今月、小学生のこどもたちは日本画の模写に
挑戦しましたアート

模写をしたのは、2点。
まずは、よく観て目描く
「風神雷神図」

D5DC28AA-17E2-4CC7-BF24-FF1CAE9577B4.jpeg

20FAF957-4A66-4C77-84A1-BDE62C310C65.jpeg

60E6434E-16D7-4CC7-8DD4-56AEF04DB5F0.jpeg

B342E714-A9F2-4D09-91E5-BA9F325A3A94.jpeg

次に、コピーした図版をトレース(転写)ペン
する技法で描く、伊藤若冲の「旭日雄鶏図」です。

F3721924-6920-4454-99BC-93B8DF30CB03.jpeg

CE414E0A-3AA9-49ED-AB23-D5CE81C59C50.jpeg

E6EBEE54-07C2-400E-86BC-5896A2AF1B43.jpeg

7C2E31CB-7B4A-468E-89FC-A08667062132.jpeg

お迎えにいらっしゃった保護者の皆さんがビックリするくらい、
完成度の高い作品に仕上がりましたグッド(上向き矢印)

江戸時代に活躍した伊藤若冲は、
家業の青物問屋を弟に譲ってまでも
作画の道を選び、さまざまな生き物の
命の美しさ、みずみずしさを表そうとした
作家であるといわれています。
現代でもとても人気があり、私もとても大好きです!

4/7まで上野の東京都美術館で開催されている
「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」では
伊藤若冲の作品も展示されているようなので、
お時間あればお子様と是非足を運んで
本物を観て、その迫力を体感してみて
くださいね揺れるハート
posted by minato at 19:05| Comment(0) | 日記