2019年09月19日

手のデッサン

9月最初のテーマは「鉛筆デッサン〜手をみて描こう〜」

手(パー)目

小学生は、鉛筆の濃淡や強弱で表現する

手のデッサンに挑戦しましたぴかぴか(新しい)

今回はまず、鉛筆の種類や持ち方などについて説明をしてから

硬くて薄いHB、柔らかくて濃い3Bなど、

それぞれの異なる鉛筆で表現できる

「黒」の色の幅を作る実験をしました。

デッサン1.jpeg

そのあと、自分の手のかたちをなぞって

スケッチブックに写し取り

そこから修正を加えて

本物らしい「手」にみえるように仕上げていきます。

デッサン2.jpeg

デッサン3.jpeg

デッサン4.jpeg

陰影に気をつけながら

質感も表現していきます。

デッサン5.jpeg

翌週は、手形をうつすのではなく

実際に自分の手をよく観察して

描いてきました。

デッサン8.jpeg

どんなポーズがいいかな?

手の骨の仕組みはどうなっているかな?

爪の形や関節の場所にも気をつけながら

描きすすめます。

デッサン7.jpeg

人それぞれかたちの違う手や指。

みんなしっかり集中して取り組むことができましたハートたち(複数ハート)

デッサン9.jpeg

デッサン10.jpeg

デッサン11.jpeg
posted by minato at 18:55| Comment(0) | 絵画

2019年09月05日

クラゲのペーパークラフト

夏季休暇明けの湊アートテラスでは

3週かけて、クラゲをモチーフにした

モビールを制作しましたるんるん

まずは「張り子」の技法を真似て、風船に紙を貼り合わせ

半球の土台を作ります。

kurage3.jpg

kurage1.jpg

よく乾燥させたら、風船を割って取り出し、土台に着彩。

kurage2.jpeg

みんなそれぞれ、個性豊かな色使いです。

kurage4.jpeg

kurage5.jpeg

着彩ができたら、次は装飾です。

kurage7.jpeg

クラゲの触手って、どうなってるかな?

透き通った、ふわふわした表現はどうしたらいいかな?と、

事前に考えたデザイン画に沿って進めていきます。

kurage6.jpeg

kurage8.jpeg

工夫をこらしながら、様々な素材を組み合わせて

素敵なクラゲが誕生しましたよ〜ぴかぴか(新しい)

kurage11.jpeg

kurage12.jpeg

完成したカラフルなクラゲたちを並べていたら

教室がとっても華やかで涼しげな雰囲気に

なりましたハートたち(複数ハート)

kurage9.jpeg

kurage10.jpeg
posted by minato at 19:00| Comment(0) | クラフト

2019年08月30日

サマープログラム「海を描こう」


サマープログラムでは、水彩絵の具を使って、


海の風景画や、魚の絵を描きました。




まず、どのような海の世界を表現したいのか構想します。


DSC_0181_edited.jpg


図鑑や写真を基に、下描きを始めます。


海の中の世界を描いていますね。クマノミやサンゴの形を丁寧に取っています。



DSC_0187_edited.jpg


夕暮れ時の海を描いています。


オブジェクトを少なくして、夕日の綺麗な色が際立つように画面構成しています。



DSC_0204_edited.jpg


こちらは、魚の色は塗り途中ですが、


海の塗り方を工夫しています。


始めに海の水色を塗る部分全体に、


透明な水で下地を塗ります。


その後、色を塗っていくと、色が滲み、筆跡が残りません。


空や海を描く際には、使えるテクニックです。


乾いた後にできる、水彩絵の具ならではの


よれた模様も、意図せず偶然できた模様です。


「こう描こう」と思って上手く描けるのももちろん楽しいですが、


意図せずできた模様など、自分の期待以上のものができると


より楽しく作品を作ることができるものです。



DSC_0202_edited.jpg


色とりどりの海の中の世界



DSC_0206_edited.jpg


情緒溢れる作品ですね。




夏ならではのプログラム、


季節を感じながら、季節に合ったモチーフで描くと


より魅力的な絵に仕上がると思います。



posted by minato at 14:37| Comment(0) | サマーアートプログラム