2021年04月10日

ジョルジュ・スーラの点描画A

前回勉強した点描画で、模写したり動物を描きました。

点で描くのは、細かくて時間がかかりますあせあせ(飛び散る汗)
スーラの絵を拡大してどの様に描いているかを研究しました。

DSC_0020 2.jpg

たくさんの点は、上手くかけているかな?
点の大きさを変えてみたり、密度を変えたり色々試してみましょうexclamation

DSC_0041.jpg



DSC_0043.jpg

お花畑を飛び回るうさぎ
気持ちよさそうですね


IMG_0057.png

こちらは、ペンギン


IMG_0056.png

IMG_0058.png

青や濃い緑などの寒色系で描くとりんごの影を表現できます。


IMG_0053.png

こちらの作品は、アルベール・デュボワ=ピエ「埠頭」の模写です。


IMG_0054.png

IMG_0055.png

スーラの作品を模写しました。
海や空に何色も使って丁寧に描き上げましたぴかぴか(新しい)


みんなかなり集中して頑張って描いたので、完成度が高く講師もびっくりしましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by minato at 16:37| Comment(0) | 絵画

2021年03月17日

ジョルジュ・スーラの点描画 @

ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)は、1859年12月
フランスのパリ生まれ
スーラといえば点描画で有名な画家です。

では、点描画とはなんでしょう?
ワークシートを用いて点描画を勉強しましたexclamation

点描画とは、たくさんの点で描く方法ですひらめき
スーラは、色彩を科学的に追求し新しい絵の技法を研究し、絵の具の色を混ぜずに純粋な色の点で美しい色や遠近感をつくりだします。

スクールにスーラの作品を展示し、近くで見たり離れて見たり、スーラの本を鑑賞しました。

IMG_0051.jpg

IMG_0050.jpg


こちらの作品は「グランド・ジャック島の日曜日の午後」
サイズが縦2メートル、横3メートルもあり2年もかけて制作した作品です。
セーヌ川で、週末をのんびり過ごす当時の様子が描かれています。

DSC_1277.jpg


みんなにスーラの作品どれが好きか質問すると一番人気は

DSC_1297.jpg

「バ=ビュタンの砂浜、オンフルール」でした。
空と海のブルーがとても美しいですよね

ここで実験をしてみましたひらめき
色鉛筆やクレヨンを2色選び、点の大きさや点の密度を変えたりして枠の中に点を描きました。
さてどの様に見えたかな?

IMG_0049.jpg

2色が混ざって、1色に見えますexclamation
不思議ですよねわーい(嬉しい顔)

絵具は、たくさんの色を混ぜると濁ってしまいます。
でもスーラの方法で描けば視覚的に混ぜるので鮮やかな色のままで描くことができます。
次回は、点描画にチャレンジですぴかぴか(新しい)
posted by minato at 14:26| Comment(0) | 絵画

2021年03月06日

スノーマンの制作

DSC_0612.JPG3月に入り、だいぶん暖かい日も増え、春めいてきましたるんるん

1,2月はまだまだ寒い日も多くあり、特に1月は東京でも雪がふらないかなぁ〜牡羊座霧と子どもたちは待ちわびていたようです

DSC_0586.JPG
窓辺に雪のデコレーション

大人は、なるべく降らないといいな・・・ と思ってしまうのですが。。。!もうやだ〜(悲しい顔)

と、こどもたちのそんな願いをお天道様が聞いていたのか、

夕方になってちらちらと雪が舞った日もあったのですexclamation×2

DSC_0604.JPG

DSC_0587.JPG

私たちは、雪が降らない場合も考えて、真っ白い毛糸をたくさん用意して
スノーマン作りを準備していました

雪の舞った日にピッタリの「毛糸でスノーマン制作」です

DSC_0628.JPG

DSC_0588.JPG



小さなお子さんでも簡単な毛糸のポンポン作り

そして2つ、3つと重ねて、お帽子やマフラーなどの小物を付けたら・・・


あったかスノーマンの出来上がりわーい(嬉しい顔)

DSC_0632.JPG
DSC_0597.JPG


DSC_0629.JPG

DSC_0653.JPG

DSC_0652.JPG

DSC_0601.JPG


DSC_0614.JPG

トナカイさんもデコレーション

DSC_0607.JPG

DSC_0599.JPG

DSC_0606.JPG

この日は寒い日でしたが、お部屋の中はぽかぽか暖かい気持ちになった
一日でした雪


Y.N


posted by minato at 18:06| Comment(0) | クラフト